特許翻訳とは?

advent-80125__340

特許翻訳とは、特許業務(特許実務)に属し、特許に関連する文書(特許文書)を原文に出来るだけ忠実に翻訳する作業です。したがって、特許翻訳は、例えば創作活動としての文芸翻訳等とは本質的に異なります。 なお、特許翻訳は特許業務(特許実務)に属しますから、特許翻訳者には、翻訳すべき特許文書が未公開であれば、その内容に関し秘密を守る義務(秘守義務)が課せられ、その秘守義務に違反した場合には、刑罰が科せられる…

特許翻訳上達のために最初にやるべきことは?

antique-1132780__180

特許翻訳上達のために最初にやるべきこと。それは、「特許翻訳の基本」を習得すること、つまり、「特許翻訳の感じ」をつかむことです。 そのために最も効果的なのは、1件の英文明細書を読み込み、翻訳し、その訳文から英文明細書の原文を再現し、そして英文明細書の全文を暗記してみることです。 英文明細書の全文を暗記するには、英文明細書の全文を手書きでノートに書き写し、それを出来るだけ大きな声で読み上げるのが効果的…

特許翻訳ってジグゾーパズルみたいなもの?

puzzle-1005564__180

特許翻訳は「ジグゾーパズル」みたいなものです。 必要なピース(用語や、語句や、表現など)はネットにぜ~んぶ用意されています。それらのピースをネットで検索して原文に当て嵌めれば、特許翻訳はほとんど完成できるのです。 ところが世の中には、せっかく用意されているそれらのピースを自分で作ろうとするひとが結構多いようです。きちんと当て嵌まるピースを作れるといいですがね・・・ 特許翻訳は「ジグゾーパズル」みた…

特許翻訳が出来るようになるには何をすればいいの?

books-1246674__180

特許翻訳を出来るようになるためには「お手本」を「模倣(真似)」すればよいのです。 問題は何を「お手本」にするかですが・・・これまで何回も言ってるように、特許翻訳は特許実務の一部です。だから、「お手本」にするのは「特許公報」ということになります。 具体的に言うと、英文和訳であれば、アメリカの大企業が出願した日本国特許公報であり、和文英訳であれば、日本の大企業が出願した米国特許公報です。 ただ、和文英…

特許翻訳ってそんなに難しいの?

surprised-1184889__180

特許翻訳って難しいと言われるけど、英文明細書の発明の背景や実施形態の説明のところの文章は、例えばTIMEなんかの文章よりかなり単純ですし、せいぜい高校3年くらいの英語の教科書程度ではないでしょうか? それが、難しく感じられるのは、たぶん特許明細書というニッチな分野のため馴染みにくいからでしょう。 だから、特許翻訳上達のためには、とにかく米国特許公報などの英文明細書に慣れ親しむことが大事なのです。1…

特許翻訳が出来るようになるコツとは?

gears-1653349__180

特許翻訳が出来るようになるコツは簡単です。 それはお手本を模倣する(真似る)だけ。 英語力に自信のある方は懸命に英作文をしようとしますが、 出来上がったものを見ると、「う~ん?」という場合が多いです。 そもそも特許翻訳では英作文によって創作(?) しようとするのが間違い。 特許翻訳はあくまで「模倣」です。 1に模倣、2に模倣、3、4がなくて、5に模倣です。 とにかく、特許翻訳では「模倣」に徹するこ…

特許翻訳でどのくらい稼げるの?

3964303139_ef50c3bdfe_m

特許翻訳でどのくらい稼げるのでしょうか?という質問を受けることがあります。 ネットなんかでは、年収1000万円を目指そう!とか言ってるひともいるようですが、 年収1000万円だと月に83万円くらいですから、単月ならその程度だったら頑張れば稼げるかも知れませんね。 でも、その金額を毎月キープするのは、例えば翻訳支援ソフトなどを使いこなすとかしないと、すごく大変だろうなと思われます。 諸般の状況を考え…

特許翻訳にはメリットもあるがデメリットもある?

SONY DSC

特許翻訳のメリットのいくつかについてお話したことがありますが、 ほんとうはまだほかにもいろいろと特許翻訳のメリットはありますから、 それらのメリットについてはまたの機会においおいとお話しさせていたできますね。 それで、今日は、特許翻訳のデメリットについてお話しようかなと思ったのです。 でも、とりたてて、特許翻訳そのもののデメリットというのはあまり思いつかないので、他の面から特許翻訳というものを見て…

特許翻訳のメリットは?

executive-461653__180

特許翻訳のメリットって何でしょうか?・・・ いっぱいありますが、まずは何と言っても、 「翻訳を仕事としてお金を稼げること」ではないでしょうかね。 こんなこと言うと潔癖症の方たちに「不謹慎だ!」と叱られるかも知れませんが、特許翻訳のほかには、翻訳でそうそう稼ぐことのできる分野ってそんなにありませんしね。 例えば、いわゆる産業翻訳という分野もありますが、 やたらと仕事の量が多い割には翻訳料が安かったり…