特許明細書とは

 


 

特許翻訳の仕事で最も多いのは特許明細書の翻訳です。では、特許明細書というのはどのような文書でしょうか?

まず、特許明細書とは、特許出願に係る発明の技術内容を記載した文書、すなわち、技術文書であります。なお、特許明細書は、特許取得のために特許庁に提出され、特許庁で審査官によって審査されますが、もし記載の仕方がまちまちだと、審査が厄介になりますから、記載要領が特許法によって規定されています。つまり、特許明細書とは、記載要領が法律で規定されている技術文書であるということになります。

ところで、特許は排他独占的な権利ですから、その権利がどの範囲まで及ぶのかを決定することが必要な場合があります。例えば、特許を受けている発明(特許発明)が第三者によって無断で使用されたような場合です。そのような場合には、その第三者による無断使用が特許発明の技術範囲(権利範囲)に入るかどうかを決定しなければなりません。では、どのようにしてそのような決定がなされるのかということですが、特許発明の技術範囲(権利範囲)は特許明細書の記載に基づいて法的に決定される仕組みになっているのです。すなわち、特許明細書は、特許発明の技術範囲(権利範囲)を法的に決定するための文書、すなわち、法律文書(権利書)でもあるということです。

こように、特許明細書は、技術文書であり法律文書であるという二面性を有し、しかもその記載要領が法律(特許法)で規定されている文書であるということになります。