特許翻訳上達のためには何をすればいいの?


 

特許翻訳上達のためには「お手本」を「模倣(真似)」すればよいのです。

問題は何を「お手本」にするかですが・・・これまで何回も言ってるように、特許翻訳は特許実務の一部です。だから、「お手本」にするのは「特許公報」ということになります。

具体的に言うと、英文和訳であれば、アメリカの大企業が出願した日本国特許公報であり、和文英訳であれば、日本の大企業が出願した米国特許公報です。

ただ、和文英訳のお手本としてはそれで間違いないかなと思いますが、英文和訳のお手本としての日本国特許公報は玉石混交ですので選択に注意を要します。

いずれにしても、もっと具体的に言うと、英文和訳の場合には、特許情報プラットフォームで、例えばGeneral Electric Company等のようなアメリカの大企業の日本国特許公報のうちの適当なものを選んでダウンロードし、そしてその日本国特許公報に対応する米国特許公報をダウンロードします。

また、和文英訳の場合には、米国特許商標庁(USPTO)のウエブサイトで、例えば日立製作所等のような日本の大企業の米国特許公報のうちの適当なものを選んでダウンロードし、その米国特許公報に対応する日本国特許公報をダウンロードします。

このようにしてダウンロードした米国特許公報と日本国特許公報とを対比しながら「徹底的に真似する」のです!これで、英文和訳も和文英訳も「無料で」学べます。

しかし、ここで問題となるのは、どのような米国特許公報や日本国特許公報を選らんでダウンロードすれば良いのか?でしょうね。

それについては、いずれまたの機会にお話しますので、楽しみにしていてくださいね。