特許翻訳上達のために最初にやるべきこと


 

特許翻訳上達のために最初にやるべきこと。それは、「特許翻訳の基本」を習得すること、つまり、「特許翻訳の感じ」をつかむことです。

そのために最も効果的なのは、1件の英文明細書を読み込み、翻訳し、その訳文から英文明細書の原文を再現し、そして英文明細書の全文を暗記してみることです。

英文明細書の全文を暗記するには、英文明細書の全文を手書きでノートに書き写しそれを出来るだけ大きな声で読み上げるのが効果的です。

こんなことを言うと、「暗記かよ・・・」と言ってせせら笑う人がいるかも知れませんね。(そんな人は特許翻訳をモノにするのはきっと難しいでしょうが・・・)

ところで、特許翻訳をやっている人で、和文明細書を英文明細書に翻訳する和文英訳をきちんと出来る人が非常に少ないのがこの業界の実情です。

それは、特許翻訳の基本をつかめていないからと言えるでしょう。

具体的には、英文明細書を和訳してみても、頭に残っているのは自分が翻訳した日本語だけで、肝心の英文明細書の英文は頭からきれいさっぱりと消えてしまっていて、どんな英文だったかも思い出せないから。

このようなことを繰り返してみても、和文英訳をきちんと出来るようにはなれません。

特許翻訳で和文英訳が出来ていない人や苦手な人は、1件の英文明細書を上記のようなやり方(「往復学習法」)でとことん学習して完全に丸暗記してみることをオススメします。